移住・就農をお考えの方へ

岡山・真庭はこんな場所!

真庭市は岡山県の北部、鳥取県との県境に位置し、蒜山高原や湯原温泉卿、神庭の滝、樹齢1000年を超えると言われる醍醐桜等、豊かで多彩な自然環境に恵まれています。 標高差のある北部と南部の異なる自然条件を生かし、冷涼な気候の蒜山高原で育まれる酪農や高原野菜から、中山間の寒暖差を利用した果樹栽培、南部に広がる水田地帯といった、各地域の特徴に合わせた農業が営まれています。

  • https://kyoto-nourinjoshi.com/wp/wp-content/uploads/2016/08/sss.jpg

    田舎でありながら比較的交通の便がよく、3つの高速道路がクロスする交通の要衝となっています。

  • https://kyoto-nourinjoshi.com/wp/wp-content/uploads/2016/08/norin.jpg

    古くから林業が盛んな地域で、木材を燃料とする国内最大級の発電所ができるなど、近年は「バイオマスのまち」として注目を集めています。

  • https://kyoto-nourinjoshi.com/wp/wp-content/uploads/2016/08/holtuki.jpg

    一級河川旭川の源流域に位置する真庭市では、きれいな水と空気の恩恵を受け、様々な農畜産物生産が行われています。