農商工人的連携と効率的雇用システムによる農家経営、産地の発展

長野県

商工サービス業で培った知識や技術を持った人材を経営発展や体質強化を目指す企業的農業経営体での雇用を促す県内初の取組みである。この取組は、長野県農業を先導する優良経営体の創出につながるものであり、他の経営体に対してモデルとなることが期待できる。予め求職者を対象に技術研修会を開催し、農業技術を習得した援農者確保を行う。これに伴い、マッチングシステムや援農組織の構築を行う。本事業が成功すれば、農家経営をはじめ産地の維持、振興につながるものとなる。また、他産地等への普及も図れるものとなる。
事業実施方針
・経営発展や経営体質の強化を目指す企業的農業経営体にとって、即戦力となる人材の登用は有効な手段である。一方、商工サービス業では工場の海外移転や事業縮小などにより雇用機会が減少し人材の有効活用が課題となっており、これらの人材が持つ経験や技能を有効活用を促すことで、企業的農業経営体が目指す新たな経営展開や規模拡大を支援する。
・高齢化や担い手不足により生産の縮小や遊休荒廃地が発生している。それぞれの経営体は雇用労力により生産を維持しているものの雇人費によるコスト高、即戦力となる人材不足、雇用者と求職者の調整システムの構築が課題となっている。 そこで、ヒアリングや関係機関連携、工程管理分析による必要労力の把握、技能習得者の増加支援等により農家経営や産地維持を目指す
関連情報: 農水省ページ
ホームページ: ホームページ